ビットコインは大きめの調整|FOMOになってたら冷静になる機会です

ビットコイン2021年1月調整 強気相場は続くか

『やばい、ポジション無いのに上がっちゃった…』あなたもFOMO?

ビットコイン2020年からの強気相場

ビットコインFOMOになってませんか?

FOMO(フォーモ)って知っていますでしょうか?

米国で使われている、もうかなり前からあるバズワードのひとつです。

 

FOMO Fear Of Missing Out

「FOMO」とは取り残される不安・恐怖のこと。近年、現代人のSNS病としてよくあがる「FOMO」は、LINEのデフォルトスタンプにもなっているので、知っている人も多いだろう。元々は2011年にNew York Timesが、この現象を取り上げ「FOMO」と名付けたことで広まった。

(出典:GQ https://www.gqjapan.jp/life/news/20140829/fomo_momo

 

ということで、「取り残されることへの不安・恐れ」です。

周りの人たちはうまくやっているのに、自分だけ取り残されているんじゃないかと疑心暗鬼になってしまうこと。

 

仮想通貨界隈であれば、ポジション作ってないうちに相場が上がってしまったような場合に使います。

 

日本で言うところの「イナゴになりそう」という表現と似ているかもしれません。

相場が上がっていると、つい買いたくなっちゃう人は多いんですよね。

 

今回のビットコインの上昇は、10万ドル超えの予想が続々と出ていたりしたので、特にFOMOが強かったのではないでしょうか。

もしかしたら、あなたもFOMOになってませんか?

 

仮想通貨でもFOMOがあります

ビットコイン2020年からの相場上昇でFOMO

米国の仮想通貨界隈でも、上昇相場でポジション作れていない状況で使われます。

例えばこんな風に言います。

『My body temp rose to 105 degrees Fahrenheit this morning and I thought I had COVID but soon realized it was Bitcoin FOMO. 』

英語だとこんな感じで使います。

 

日本語だとこんな感じの意味です。

『今朝体温が40度ぐらいあったからコロナかと思ったけど、すぐにビットコインFOMOだって気がついたよ』

 

国は変わっても、人々の感じ方には似ているところがありますね。

 

ビットコイン FOMOが増えていましたね

ここ最近の仮想通貨相場の上昇は、多くの人にFOMOを引き起こしていたのではないでしょうか。

一昨日までは、強気の先高観が多く出てきている中で、ビットコインが、そしてついにはアルトコインも大きく上昇してきました。

 

「え、やばい。ビットコイン少し前に売っちゃったよ…」という人が、ここ最近の急激な上昇についていけず、買いたいけど高くて買えないという状態になっていたのではないでしょうか。

ああやって上昇している時は、どこまでも上がってしまうのではないかという気がするものです。

 

1月11日は仮想通貨全体に大きな調整が入りました

ビットコイン2021年1月調整が入りました

さて、昨日はかなり大きな調整がありました。

ビットコインも4万ドルに到達し、利益確定売りを出した投資家も増えたようです。

 

ビットコインは一時は310万円台まで下がりましたが、現在は360万円台まで戻しています。

かなり急激な上昇の後なので、調整が入ること自体はあり得る流れです。

ビットコイン下落の背景は?──仮想通貨時価総額は一時27兆円減
ビットコイン下落の背景は?──仮想通貨時価総額は一時27兆円減

11日のビットコイン反落を受け、全面安の様相となる仮想通貨市場。仮想通貨市場全体の下落を受け、全体時価総額は、約24時間で-25%の2592億ドル減(27兆円減)となった。

続きを見る

 

また、英金融当局が出した警告も投資家心理を冷やした感じです。

仮想通貨への投資「全損の覚悟を」 英金融当局が警告: 日本経済新聞
仮想通貨への投資「全損の覚悟を」 英金融当局が警告: 日本経済新聞

【ロンドン=篠崎健太】英国の金融行為監督機構(FCA)は11日、暗号資産(仮想通貨)への投資リスクに注意を促す声明を出した。「投資する場合は資金を全て失うことを覚悟しなければならない」と強調した。代表 ...

続きを見る

 

こうした報道の方向もあって、年末年始でやや過熱感のあった個人投資家の動きが治まったかもしれません。

今回の調整が一旦ビットコインの大幅な上昇に待ったを掛けるのか、それとも長期的な上昇が続くのか、見極めが必要な局面です。

 

ビットコインFOMOになっていたら冷静に…

ビットコイン2021年1月調整後はどうなる?

FOMOは、自分に自信がなかったり、孤独感が強かったりするとなりやすいようです。

緊急事態宣言も出て、独りになりがちな状況ですし、要注意ですね。

 

長期的にはビットコインの上昇は続く可能性もありますが、現時点では少し冷静になってFOMOを鎮めるタイミングかもしれません。

上昇につられてイナゴになるのは、高値づかみをする恐れがありますからね。。。

 

とはいえ、どこで相場に入るかはすごく難しいですよね。

くれぐれも一度に資金を突っ込まないように慎重にです。

 


投資の基本は長期分散投資です。

仮想通貨つみたて投資
仮想通貨もつみたてがいいかも【高値のビットコインでも始められる】

もくじビットコインが連日最高値を更新これからビットコインを買うのはコワいこういうときに「仮想通貨つみたて」がおすすめ少しだけ投資の勉強【ドルコスト平均法】を知ってる?ビットコインは自分が買った後で下が ...

続きを見る


 

-仮想通貨, 情報